湯布院観光案内

湯布院観光案内

朝霧の名所として知られる、由布岳のふもとに広がる温泉郷、由布院。
美しい自然と温泉と観光の里。今も多く残るワラ葺屋根と近代的な建物がうまく 調和し、共同浴場が10か所以上あり、周囲の山々を眺められる露天風呂もあります。

夏は高原性の気候で涼しく、避暑を兼ねた観光客が多く、自然を求めてくる観光客も多いです。

昭和30年2月に湯平村と由布院町が合併。湯平の「湯」を取って「湯布院町」としましたが、昔ながらの「由布院」という名も残され、現在では、「由布院」「湯布院」のどちらも使われています。

由布岳

由布岳1,583m(西峰)の標高で円錐形をしていることから豊後富士と呼ばれる。 古来より信仰の対象として崇められ、『古事記』や『豊後国風土記』にもその名が登場する。阿蘇くじゅう国立公園に指定されています。


金鱗湖

金鱗湖湖底から温泉と冷泉が湧く関係で、湖面は冬でも水温が高く、湖面の湯気が朝もやになって、早朝には、あっという間に由布院全体を覆ってしまいます。
湖畔にはわらぶき屋根や温泉が多く、幻想的な朝もやを見ようと足を運ぶ人も多くいます。


ゆふいんの森号と由布岳

ゆふいんの森号博多駅~大分駅・別府駅間を鹿児島本線・久大本線・日豊本線経由で運行する特別急行列車。
全列車ビュッフェを備えており、展望席「パノラマシート」を利用することもできます。由布岳も一望できます。


辻馬車

辻馬車馬のひづめの音が心地よく響く、由布院の観光辻馬車。
JR由布院駅を出発し、約40から50分かけてゆっくりと由布院の町を散策し、由布院駅へ戻るコース。9時から30分ごとに1日15便が運行している。
1便の定員は10人で、当日の朝8時50分から予約を受け付けています。


湯布院民芸村

湯布院民芸村庄屋屋敷、明治の酒蔵など、九州各地の古い建物を移築・復元。 民芸民具館、手漉き和紙工房、民芸ガラス工房では実演が見られ、陶芸や藍染温泉しぼりなどの体験ができます。


湯の坪街道

湯の坪街道

JR由布院駅から望む由布岳、そしてその由布岳の麓にあります。 『人そして自然という言葉が似合うもっとも湯布院らしい通りにしていこう』と、都会にない湯布院らしい街並みをつくりあげました。
平成7年には今までの努力の甲斐があって都市景観大賞に選ばれました。


湯布院の四季

由布岳の麓に広がる美しい町、湯の郷由布院。
由布岳の別名を「豊後富士」といいます。

秋から冬にかけては朝露に包まれ、湯布院盆地はすっぽりと白いベールに覆われます。それはとても美しく幻想的で、まるで別世界に来たような気分になれます。

湯布院は個性的な美術館や多くの文化的イベントなど、芸術文化もさかん。今では「九州の軽井沢」と呼ばれ、若い女性の憧れの地と呼ばれるようになりました。

辻馬車がのんびり走る湯布院は、昔なつかしい気分にちょっとだけ浸ることができる優しくあたたかい町なのです。

由布岳
由布岳

詳しい観光情報は…

由布市商工観光課 TEL:0977-84-3111

由布院観光総合事務所 TEL:0977-85-4464

湯平温泉観光案内所 TEL:0977-86-2367 にてお尋ねください

ページトップに戻る